風俗でパンを焼くのが趣味のMちゃん

風俗でパンを焼くのが趣味のMちゃん

投稿日:2015年1月23日 カテゴリ:人生の半分は風俗体験談

先日道を歩いていたら、すごく可愛い女性が歩いてきました。長い髪に白い肌、均整のとれたちょっと身長も高い感じの女性です。それなのに顔は少し童顔でし た。こんなこと付き合いたな、ナンパしたら成功したりしてと思いましたが、勇気がなくて声をかけられませんでした。こんな日は家に帰って風俗サイトを調べ ます。だってもしかしたら彼女は風俗嬢かもしれないじゃないですか。なんて思いながら彼女の面影のある風俗嬢をみつけました。人妻デリヘルのMちゃんで す。人妻って感じじゃなかったけれど、気にせずに電話をして予約を取りました。夜9時ころMちゃんは部屋に来ました。するとMちゃんは台所を見て目を輝か せました。私の家にはドイツ製の大きなオーブンがあるのです。Mちゃんはパンを焼くのが趣味なので、こういうオーブンが欲しいんだそうです。今度遊びに来 てパンを思う存分焼いてくださいと言うと、本気にしますよと笑顔でMちゃんは言いました。これはもう、恋人がフェラをしているのと一緒だなとMちゃんに フェラをされながら思いました。素股で果てる時、でもMちゃん人妻だからセフレかなと思ったりしました。でもウェルカムだからいつでもおいでとMちゃんに 帰り際に言いました。